乗り換えの際に下取りは損をするって本当?

車の乗り換えの際、今乗っている車の処分方法はディーラーの下取りか、車買取業者に買い取ってもらう、廃車にするの3つのパターンがあると思います。

 

まだまだ走れる車であれば、ディーラーの下取りもしくは買取業者へ売却するなどしてお金にした方が絶対に得ですよね。

 

では、ディーラーでの下取りと、買取業者の売却ではどちらがいいのでしょうか。

 

普通に車を購入する場合は、ほとんどの人が下取りに出すのではないでしょうか?

 

そっちのほうがディーラーで新車の購入と同時に車を下取りしてもらうことで手間がはぶけるので確かに楽です。

 

ですが、実際は車買取業者での売却額の方が、ディーラーでの下取り額よりも高い傾向にあります。

 

ディーラーでの下取りにすると損をする可能性があるということです。

 

なぜディーラーで引き取ってもらう方が損をするのでしょうか?

ディーラーでは新車を売ることで利益を上げているため、車の買取にはそこまで力を入れておらず、その販売経路も中古車販売業者に比べて弱いんです。

 

あくまでディーラーは新車を販売していることがメインのため、下取りは新車購入時にサービスで行っているような感じです。

 

新車購入の際、新車の値引きが難しくなると、車の下取り価格を上げて実質値下げしているかのように表記します。

 

ですがこれはそこまで得をしていないので注意しましょう。

 

もともと易く設定している下取り価格を少し吊り上げてあたかも新車が易くなったかのように思わせるディーラーのテクニックなんです。

 

 

実質、下取り経験者なら誰でも下取り価格が最初の提示よりも高くなっているのではないでしょうか?走行距離が10万キロ走ってたいして人気のない車種でも10万円とかで下取りされることもざらですので、最初に提示される車の下取り価格はあってないような値段だと思っていた方が賢明です。

 

 

また、下取りの際はそのディーラーのメーカーと異なるメーカーの車であった場合は下取り価格が安くなってしまう傾向にあります。
今のっている車が検討している新車と異なるメーカーである場合は、買取にした方が高く売れる可能性が高いです。

 

 

ディーラーは新車を販売することが主なため、中古車販売ルートがとても少ないのです。また、中古車販売へのルートへ送る時に中間マージンが発生するため、その分下取り額に影響してくるんです。

 

 

その点中古車販売業者であれば、もともと車の買取をメインで行っているため、どのような車種に対しても販売ルートがしっかりと確保されており、買取額が下取りよりも高い傾向にあります。

 

 

また、自社での販売ルートで中古車を回している会社が多く、その分変な中間マージンも発生しないため、その分が買取額に反映されてきます。
新車販売をメインとしているディーラーと中古車買い取りをメインとしている買取業者ではどちらが車を高く査定してくれるかは一目瞭然ですよね。

 

 

ディーラーで下取りを行えば、わざわざ車買取業者まで車を持っていく手間もなく簡単に売却と新車購入が1度で行えますが、損をする可能性が高いです。

 

 

一度中古車販売業者に買取額を確認してからでも遅くはありません。実際の中古車市場において、今の車がどれくらいの価格で取引されているかを確認してからディーラーでの見積もりをしてもらった方が賢明ですよ。

 

 

車によっては下取りと買取で10万円以上差がつくこともありますので、その分新車のオプションにまわすことができるかもしれませんよ。
今はネットでも無料査定もありますし、自分の車の正しい価値を知っておきましょう!

 

下取り前に30秒で結果が分かる無料査定しませんか?