こんな車が高く売れるんです

万人受けする車は高く売れる傾向あり

新車で良く売れる車は中古車になっても売行きが良い。この方程式は未だ崩れません。人気メーカーの車は買い取り額が高い、又は安定しています。世界に誇るトヨタでは、ハイブリットのプリウスが常に安定した買い取り額を打ち出しています。最近ではアクアの人気も上昇しており、プリウスを抜く勢いです。ラウンドクルーザーは爆発的人気があり、盗難被害が頻発している程です。ミニバン系高級乗用車のアルファード、高級セダンのクラウン、セルシオ、少々庶民的ですがマークUも根強い人気があり、中古車でも高く売れています。勿論トヨタばかりが高値買取となる訳ではありませんが、ブランドとして確立しているのは圧倒的にトヨタでしょう。高く売りたいのならトヨタブランドを選択する。

 

そして人気が定着しており、数年前からフルモデルチェンジやマイナーチェンジを繰り返している安定した車を選択しましょう。新発表されたばかりの珍しい車種を魅力的に思う気持ちも分かりますが、その車が皆に長く愛されるか分かりません。もし一発屋で終ってしまった場合、買い取り額に響く恐れは否めません。

 

車の色も大切

ディーラーのブランド力や人気の車種も大切ですが、カラーによっても査定額に変化が生じます。定番のホワイトは査定額が安定しますが、パールホワイトの方が更に査定額が上がるそうです。まぁ新車購入の際、パールホワイトなどはオプションとなって価格が高いケースがあります。ですからその分査定額が上がってもおかしくはありません。だったらパールの入っている奇抜なカラーでも査定額は上がるのでしょうか?車にもよりますが、決してそうではありません。

 

あまりにもマイナー過ぎるカラーは、魅力を感じてくれる人が少なく業者側も難色を示します。せっかく人気車種を査定に持ち込んだのに、業者側に「あえてこの色ですか・・・」と呟かれ切ない思いをした経験、実は私自身あります。あれは切なかったですね。もう経験したくありません(笑)。定番カラーやその車が一押ししている人気色、限定カラーで尚且つ人気があった場合、査定の時に重要項目となり得るでしょう。

 

 

いかに車を大切にしたか否か

売るつもりの愛車を自分がいかに大切にしたか否か。これで査定額は劇的に変化するそうです。まず点検を真面目に行ったどうか。車検の際に交換した部品などが記載してある書類、1年点検の書類も、捨てずに保管しておく事がポイントです。ダッシュボードにぐちゃちゃの状態で保管してあっても決してプラスにはなりません。バインダーやファイルに挟み、見た目綺麗に保管してあれば好印象です。エンジンオイルやフィルター交換した記録もしっかりと残し、今まで定期的にメンテナンスして車に愛情を注いだという事を、さりげなくかつしっかりとアピールしておきたいですね。

 

内装に関しては、日頃からこまめに掃除しておきたいです。査定前に一気に片付けても、プロが見れば日頃の積み重ねはわかるらしいです。外装ですが、こちらはあまり自分で修復したり手を掛け過ぎない方が無難かと思います。普段から擦ったり事故車にしない事を心掛け、もし傷があったなら査定の際に正直に言った方が好感度がアップします。下手にどうにかしようとして修復痕が目立ったら逆効果ですので気を付けましょう。

 

車内禁煙は当たり前

健康ブームにタバコ税も乗っかり、喫煙者は減少しています。高く売れる車は間違いなく禁煙車が多いですし、最近では喫煙車がタブーとされているくらいです。せっかく魅力的な車なのに、天井がヤニで汚れて尚且つヤニ臭さが残っている車だったら・・やはり査定額は大幅にダウンするでしょう。査定額が下がった事に文句を言ったところで、「喫煙車は査定額が下がります」と一喝されればそれまでです。それほど現在の日本は禁煙の風潮が強くなっています。タバコと少し離れますが、ペットの匂いを嫌う人もいます。消臭剤で隠そうとしても、分かる人には動物の匂いだと一発で分かるそうです。しかしタバコよりは懸念されませんから、なるべく換気して消臭剤等で臭いを取り除きましょう。

 

走行距離が短い車の方が高く売れるのは基本

査定する際、評価点の中で最優先の基準とされているのが走行距離です。1万kmで登録後1年未満の車種は、最高ランクの点数がつくそうです。走行距離は、車の寿命と言っても過言ではない程大きな影響を及ぼします。走行距離が多ければ、それだけ車は使用され劣化していきます。逆に走行距離が少なければ、車に掛かる負担が少なく劣化も最小限です。特に差が開きやすいと言われている距離は、3万kmと5万kmです。高く売りたいのなら、これらのキロ数を目安に考慮してみて下さい。

 

⇒自分の車すぐ査定出来ますよ?!