車を譲るときは以下を参考にして下さい

中古車を手放すには、いくつかの方法があります。ディーラーに下取ってもらう方法や、中古専門業者に売る方法、もう乗れない状態なら廃車にする方法、そして他人に譲るという方法もあります。

 

個人同士で売買してお金が発生するのなら、密かにこれが一番高値価格で売れる方法かもしれません。

 

もしくは手放す側は金銭的に損をするかもしれませんが、知人に譲るという事ですから、心も晴れ晴れな状態で車を手放せるかもしれませんしね。知人で気心が知れているから、手軽に事が進むとあり人気の方法なのです。

 

 

しかし単純に車を譲れば良いという訳ではなく、様々な手続きを自分で行わなければいけません。

 

しかも基本的に新しく車を譲り受ける方が行う義務がありますから、まずはそこを相手側に確認しましょう。確認がとれたら、車を譲る段階に入ります。ここからは各項目ごとに説明していきます。

 

【自動車検査証を用意する】

まずは譲る車の車検証を用意します。基本的には車のダッシュボードの中や運転席・助手席の後部ポケットに入っていると思います。

 

【印鑑を用意する】

旧所有者(ここでは自分)と新所有者(ここでは知人)、どちらも印鑑を用意します。認印ではなく実印を用意して下さい。実印とは住んでいる市町村で登録している印鑑です。ない人は登録する必要があります。

 

【印鑑証明書を用意する】

登録してある実印の印鑑証明書を用意します。登録した市町村の市役所で発行してもらいましょう。もし登録していなくても、実印登録したい印鑑を持っていけば登録と発行を同時にする事もできます。印鑑証証明書は、旧所有者と新所有者両方のものが必要となります。この証明書は発行から3ヶ月以内のものが有効です。期限を確認して下さい。

 

【車庫証明書を用意する】

新所有者(ここでは知人)が用意します。車を譲り受ける際の保管場所を証明する為の書類です。保管場所を管轄している警察署で、申請して発行してもらう事になります。発行から1ヵ月以内のものが有効です。こちらも期限に気を付けて下さい。

 

【譲渡証明書を用意する】

旧所有者(ここでは自分)が用意します。車を譲渡する事を証明する書類です。国土交通省のホームページから書類をダウンロードする事が出来ます。

 

【上記の物を持って陸運局に行く】

上記の物が揃ったら、陸運局に赴いて手続きを行います。陸運局では担当の人がいますから、その人に車の名義変更をしにきたと伝えれば、手続きを案内してくれます。基本的に旧所有者(自分)と新所有者(知人)の両方で行きますが、新所有者が行けない場合は、代理人として旧所有者のみで手続きを行う事も可能です。しかしその際は、新所有者側の委任状が必要です。用意しましょう。この委任状は国土交通省のホームページでダウンロードする事が出来ます。

 

【手数料納付書を提出する】

陸運局に用紙がありますので、申請の時に窓口で購入して提出します。自動車検査証登録印紙も必要となりますので、これも窓口で購入して添付することになります。

 

【すべての書類を提出する】

全て書類が揃ったら、陸運局の窓口に提出します。これで自分から知人に車の所有権が移動した事になります。

 

【車の精算を行う】

知人と話し合い、車の金額を決めてお金のやり取りをしましょう。

 

以上が車を人に売る方法ですが、手間がかかるのは否めませんし、知人だからこそ大きなトラブルに発展する事もあります。安すぎてトラブル、高すぎてトラブル。どちらも良くある事です。

 

 

お互いメリットがあると思いきや、とんだトラブルから人間関係が壊れてしまう事例は尽きません。お互い十分納得した上で車を譲渡しましょう。どちらかというとプロに任せた方が気楽かも・・・という気もします。

 

⇒ ネット査定してみませんか?