通常、以下の手順で廃車の手続きを行います

車の廃車はどのような方法でも手数料などで一定のお金が必要となります。

 

廃車専門の業者に依頼すると、必要な書類を渡すだけで後はすべて業者が行ってくれて楽チンですが、どのような流れで廃車手続きを行うかは分からずじまいだと思います。

 

実際に自分で廃車手続きを行う場合は陸運局へ行って廃車の手続きをする必要があります。廃車手続きの流れは以下のようになります。

 

@解体業者で車の解体を行ってもらう。

車の解体は、自宅で解体業でもやっていない限りは解体業者に依頼するのが普通です。車を解体してもらった後にそれを証明するためのものとして「解体証明書」を解体業者からもらいます。

 

A廃車の手続きに必要な書類を集める。

・ナンバープレート
解体業者によって車の解体をした際に業者から受け取ることになりますので、廃車手続きに行くまで保管しておきましょう。廃車の手続きの時にはナンバープレート前後2枚を返却する必要があります。間違っても捨てないようにしましょう。
・印鑑証明書
廃車する車の所有者の印鑑証明書が必要です。近くの市役所などで発行してもらいましょう。ちなみに発行から3ヶ月以内のものが有効ですので、3カ月以上の場合はもう一度発行してもらう必要がある為注意しましょう。印鑑証明を出すためには実印登録が必要ですので、もしも実印登録がしていない場合は、実印登録をしたのちに印鑑証明書を発行してもらいましょう。通常は車購入時に実印をしようするため、その際に登録した実印での印鑑証明を出すことができるはずです。
・印鑑
自動車の廃車手続きの際には認印ではダメで、上記した印鑑証明書とともにその実印が必要となります。もしも実印がない場合は、実印登録を近くの市役所で行いましょう。間違ってもシャチハタはダメですよ。
・自動車検査証(車検証)
車の車検を行ったことを証明する書類です。車検を行った業者(ディーラーなど)から車検後にもらいます。
・住民票
自動車検査証にある所有者の住所が引越しなどによって印鑑証明書と異なる場合、住所を証明するために住民票が必要となります。住所が同じ場合は必要ありません。
・委任状
車の所有者以外の人が廃車手続きを代理で行う場合は、委任状が必要となります。業者に依頼する場合は必ず委任状を作成して渡すことになります。

 

B陸運局or軽自動車検査協会で書類を集める

上記の書類を集めたら、陸運局もしくは軽自動車検査協会で必要な書類を集めましょう。陸運局の用紙販売所で「抹消登録証明書」と「手数料納付書」を購入し、必要事項を記載しましょう。

 

Cナンバープレートを返却

窓口でナンバープレートを2枚返却しましょう。返却をすると、先ほど購入した「手数料納付書」にナンバープレートを返却したこととを証明するものとして確認の印鑑を押してもらえます。

 

D書類を提出

上記で集めた書類を窓口に提出します。

 

E自動車税の抹消申告

陸運局と同じ敷地内にある自動車税事務所で、自動車税申告書をもらって必要事項を記入し、窓口へ提出します。この手続きを行うことで、自動車の廃車手続きを行った日の翌月から、年度末までの自動車税が返還されます。ちなみに軽自動車は年払いの為返却はないので注意しましょう。

 

⇒ 廃車にする前に無料査定