安全祈願はしておいて損はない!

車を新しく購入した場合、大事に乗りたいから慎重な運転になりますよね。ですが、どれだけ安全に運転しようとしても事故がなくなるわけではありません。

 

そんな事故を避けるため、安全運転を心掛ける以外に行えることがあります。

 

それは車の安全祈願、つまりお祓いです。

 

車を購入した場合に多くの人が車のお祓いをしているのですが、実際お祓いをする方がいいのでしょうか?

 

 

神頼みなど信用してない人ももちろんいますし、確かにお祓いをしたからと言っても事故を完全に防げるわけではありません。ですが、お祓いには大事な意味があるのです。お祓いとは神仏の前で安全運転を誓うということになります。

 

 

場所は神社でもお寺でもどちらでも行っており、少し大きめの所であればたいていの場所で行えるでしょう。

 

 

お寺であればお坊さん、神社であれば神主さんに安全運転に対してお祓いをしてもらうことになります。

 

 

 

お祓いをしてもらうことで、神様・仏様に対して自分の運転に対して慢心・過信することなく、交通ルールを正しく守り、安全に車を運転することを誓うことになります。ただ単に神様や仏様にかごを受けてもらったりするだけではなく、運転に対して気を引き締める意味合いもあるのです。

 

 

 

 

お祓いをすることによって事故がなくなるような根拠や科学的証明がなされているわけではありませんが、お祓いをしてもらうことで気持ちが引き締まるだけではなくて、お祓いをしてもらったという安心感を得ることによって運転に余裕ができるでしょう。

 

 

 

もしも仮に事故があったとしても、お祓いをしてもらっていれば、これだけの事故でもこれくらいですんだと思うことができるのでしょうが、もしもお祓いをしてもらっていなければ、お祓いをしてもらわなかったせいで事故にあってしまったとマイナスなイメージを持ってしまうかもしれません。

 

 

 

お祓いをしてもらってあるかどうかで気持ちがま逆になるのです。気持ちの問題と言ってしまえばそれまででしょうが、常にストレスのかかる車の運転にとっては、その気持ちが楽になるかどうかで大きく変わってくるのではないでしょうか?

 

 

 

お祓いなんてと馬鹿にする人もいるでしょうが、こういった祈願というのは古来から行われている儀式であり、目に見えない霊的な物が存在していることを完全に否定することも科学的に証明することも出来ないのです。

 

 

 

新車を購入した際、どのタイミングでお祓いに行くといいのでしょうか?

お祓いに行く前に事故などにあってしまってはまったく意味がありません。

 

そもそも新しい車を運転していれば、慣れるまでの期間が一番事故を起こしやすいでしょう。

 

そのため、新車を購入してから1週間から遅くても2週間くらいまでにお祓いに行くことが良いでしょう。

 

 

 

とはいえ、忙しくてなかなかお祓いに行くことが出来ない人もいるでしょう。

 

 

 

お祓いを行くのに決められた期間があるわけではないので、絶対に購入してすぐに行かなければいけないというわけではありませんので気にし過ぎないようにしましょう。

 

 

 

ですが、多くの人が1週間以内、人によっては納車後そのままお祓いに行くという人もいます。神社やお寺など、お祓いを行う場所によっても異なるでしょうが、基本的にお祓いをしてもらうのに事前に予約しておく必要があるなんてところは少ないです。

 

 

 

当日そのまま行って受付でお祓いをする旨を伝えれば、すぐに行ってもらえるでしょう。お祓いをする時間も受付で申請してから1時間もあれば終わってしまうので気軽に行くといいですよ。

 

 

お祓いの金額も数千円から1万円くらいですし、お金の量でお祓いの効果が変わるわけではありませんし、無理して多額のお金を納める必要もないでしょう。

 

 

自分の無理のない金額を納めればよいですよ。お祓いをするかどうかはその人の気持ち次第でしょうが、目に見えないものでからこそしっかりやっておいたほうがいいのではないでしょうか?お

 

 

 

祓いをすることですべての事故が防ぐことができるわけでなないので、お祓いをしたから大丈夫と過信をしないことも重要ですよ。