車は大切に乗ればかなり長く乗ることもできます

車は一昔前に比べれば、故障しにくくなりましたし、燃費も良くなっていますし、その耐久性は大きく向上しています。

 

そのため長い期間のることが出来るようになっていますが、それでも車は消耗品です。必ずいつかは乗れなくなってしまう日がきます。

 

同じ車を数十年も乗り続けることが出来ると言うことはまずないでしょう。

 

大事に点検や修理をしながら乗ることもできますが、費用もかかりますし車は一定の期間で乗り換えることがよいといえるでしょう。

 

 

ですが、上述したように車は故障しにくくなっているため、短くても10年は走りますし、15−20年乗り続けることも不可能ではありません。

 

 

とはいえ、長く乗っていれば故障する箇所も出てくるでしょうし、部品を交換しなくてはならなくなりますし、お金がたくさんかかるようになっても乗りたいと思う人は少ないのではないでしょうか?では、車は何年ごとに車を買い換えるのがよいのでしょうか?

 

どのくらいで買い替えるほうがいいの?

車は新車で購入してから、その後は日をおうごとにその価値は下がっていっています。

 

もちろん車の乗り方によって価値の下がり方に大きな差は出ますが、日が経っても価値が上がっていく車なんてまずありません。

 

そのため、車の買い換えは早ければ早いほどいいのかというとそんなわけはないですよね。

 

車を何度も買い換えることが出来る人なんてお金に余裕がある人しかできませんよね。

 

半年から1年ごとに車を買い換えることが出来る人なんてまずいないでしょう。

 

お得に車を買い換えるのであれば、3−7年ごとが良いと言われています。

 

 

新車は3年後に車検が必要となります。車検には少なくても数万円から車種によっては10万円ものお金が必要となります。

 

 

そのお金を支払って乗り続けるのも有りですが、3年未満であればまだまだその車の価値は大きく下がっていることはないため、高く売却することが出来る可能性があります。そのため、車検を通す前に売却してしまえばそのお金が浮くため、次の車を購入する資金が多くなります。

 

 

新車で買っても飽きてしまったり、次に気になる車があるのであれば、車検を通す前の3年未満で買い換えてしまうと良いでしょう。下取りに出せば3年未満であれば車種によっても異なる物のかなりの金額で買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

 

最初の車検を通したのであれば、買い換えのタイミングとしては次の車検前の5年がよいでしょう。

 

 

乗り方にもより増すが、5年であればまだまだ車の部品を多く交換する必要もないですし、修理することもなく乗り続けられる可能性が高いため、車の価値としてはまだあるといえます。少しでも下取り価格を高くしたいのであれば、5年がよいでしょう。

 

 

 

車の価値が限界と言われているのが7年です。3回目の車検を通した後は一気に車の価値が下がると言えます。

 

 

たとえ大事に乗っていて、無事故の車であっても、状態の良い車であったとしても、中古車市場ではその車の価値は大きく下がってしまっています。7年も経つとその車の新型であったり、後継機の車が出ているため、中古車市場でも取引されることが少なくなっています。

 

 

 

そのため、7年を越した車はかなり低い金額での買取となってしまう可能性が高いです。少しでも高く売りたいのであれば、7年未満にすると良いでしょう。

 

 

 

車の価値はその車種によってかなり違いますが、7年以上経っている車は3年未満の車に比べるとかなり金額が異なってくることは間違いありません。

 

 

以上のことから、車を買い換えるタイミングとしては、3年〜7年がよいでしょう。多少お金がかかってでも新しい車に乗りたい人は3年未満、出費を抑えつつ、お得に車を変えたいのであれば5年〜7年未満で買い換えることをオススメします。

 

 

 

とはいえ、車を購入すれば、下取り価格以上に購入代金が必要となるので間違いなくお金の出費はあるでしょう。大事に車を乗れるのであれば、多少年式が古くなっても気にしないのであれば、長く乗り続けるのも手です。今の車は故障しにくいため、長期間のることが出来ればその間は出費がかかりにくいのです。

 

 

 

自分がどういう風に車に乗りたいかで買い換えの時期は異なります。ですが、7年以上経った車は価値が大きく下がることを知っておき、大きく損をすることの内容に車を買い換えるようにしましょう!

 

 

買い替える前に、無料で車査定しませんか?