所有者が違う場合は色々大変ですよ

必要のなくなった車の処分方法は様々です。大半の人が新しい車を購入する際に下取りとして出すか、車を使用することがなくなったからと車買取業者などに売却するなどの方法があります。

 

 

ですが、まったく動かなくなってしまったり、年式が古すぎて買取等もしてもらえないような車であったり、事故で大破した様な車などなど、下取りにも買取にも出せないような車は廃車にしなければいけません。

 

 

廃車の手続きは手続きはめんどくさいですが、自動車なら管轄の陸運局、軽自動車なら軽自動車協会で廃車の手続きがすることができます。

 

 

ですが、廃車をするにあたり、もしもその車が自分の名義でない、つまり所有者が異なる場合には簡単に廃車が出来るのでしょうか?委任状などの書類が必要なのでしょうか?

 

 

車の所有者の確認は、車検証にのっています。一番気を付けなければいけないのは、車検証に書いてあるのには所有者と使用者という物があります。

 

 

使用者が自分の名前であったとしても、それはあくまでその車を運転する人の名前であるため、使用者=所有者ではないということを注意しなければいけません。

 

 

普段意識しないものですが、その車を乗っているからと言っても、車の所有者が自分かどうかは車検証を見てしっかりと確認しなければいけません。車検証にかかれている所有者こそがそのくるまの持ち主、つまり名義人という訳です。

 

 

親から譲り受けたり、知人からもらったりなどした車であった場合、所有者が前の人である場合があるので注意しましょう。

 

そのため、その車が必要なくなり、廃車をしようとした場合は、使用者である自分の判断では車を廃車にする事は出来ません。

 

 

 

他の人の名義の車を廃車にする場合には、揃えなければいけない書類があります。

 

 

印鑑証明書、印鑑証明の実印、譲渡証明の3つが必要です。たとえ所有者がご家族や親せきなど、近親者や仲の良い人であり、ちゃんと車を廃車にする事に合意が得られていたとしても、口約束ではダメで、ちゃんと書類で証明しなければいけません。

 

 

確かにこれらの書類なしで勝手に廃車に出来てしまってはそれこそ大問題ですよね。これらの書類を利用してちゃんと名義を変更してから廃車を行うことが出来るようになるのです。これらにまた、所有者がなくなっていたり、所有者と連絡が付かないような場合はどうなるのでしょうか?この場合は先程の場合とは手続きが異なります。

 

 

所有者がなくなっている場合には、印鑑証明書、実印、譲渡証明書に加えて、遺産分割協議書、戸籍謄本、除籍謄本が必要となります。これはあくまで普通自動車なので、軽自動車は資産ではないため名義変更をしたのちに通常の様に廃車にする事ができます。

 

 

 

ですが、所有者に連絡が付かないような場合は廃車にするにはとても困難です。廃車をするのは所有者の意向が必要なため、使用者が勝手に廃車にするようなことは不可能なのです。たとえ、自分の土地に見知らぬ車が放置されていたとしても、土地の所有者が勝手に廃車にする事などは出来ないのです。

 

 

 

また、車をローンで購入している場合は、その車の所有者は自分ではなく、車のディーラーやローンを組んでいる銀行等が所有者となっているでしょう。

 

 

そのため、廃車にするには車検証、印鑑証明、実印、完済証明が必要です。ローン中には基本的に勝手に廃車には出来ません。ローンを返済してからでないと廃車に出来ないため、残りのローンを支払った後に廃車にしなければいけません。

 

 

以上の様に、所有者が異なる場合は勝手に廃車は出来ません。車検証等でしっかりとその車の所有者が誰なのかを確認しておくといいでしょう。

 

 

⇒ 廃車にする前に無料査定