車検は必要?

車は持っているだけでずっと乗っていることが出来るわけではありません。ちゃんと点検をして国の承認を得て初めて道路を走ってもよいのです。

 

車検とは正式名称は「継続検査」といい、国が定めている自動車の検査を受け、定められた期間内を日本国内の公道を走ることができるための許可をもらう検査です。

 

 

この検査をするということは、国が定めた検査内容をクリアした車でないと公道を走っていけないことになるため、安全に走ることのできる車のみが公道を走れるようになるのです。その自動車が安全なのか、定められた排気ガスの規制をクリアしているかどうかなど、様々な検査内容があります。

 

 

自動車を一定期間ごとに検査を受けることが必要であり、いわば車の健康診断のようなものです。

 

 

この期間は、新車であれば3年ごとに、それ以降の車は2年ごとに車検を受ける必要があります。車検を切れた車は公道を走ることは法律で禁止されていますので、自分の車の車検がいつなのかをしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

 

 

では、もしも車検が切れてしまった車はどうすればいいのでしょうか?ずっと乗っていなくて放置していて車検が切れてしまったり、車検にはけっこうお金がかかるため、車検を通すことをしなかった、海外などの出張などで車検をすることを忘れてしまったなどなど、意外に車検切れになってしまった車は全国に沢山あるようです。

 

 

 

車検自体はどこでも受けることができるため、今後その車を乗ることがあるのであれば、ディーラーでもガソリンスタンドでも、中古車販売店でも、どこでも車検を受けることが可能です。

 

 

ですが、車検切れになった車は公道を走ってはいけないので、持ち込むことは運転していってはいけないので、レッカー車などを手配する必要があるでしょう。では、車検を切れてしまい、車に乗ることもなくて処分しようとする時にはどうすればいいのでしょうか?

 

車の処分方法

車の処分方法は様々ありますが、車検切れであってもそれは車検を通してある車と大差はありません。大きく分けて二つの方法があり、車をどこかに売却する、廃車にするとう方法があります。車検が切れた車を売ることが出来るかなんて思っている人も多いようですが、車検が切れても車の状態が良かったり、人気のある車であれば、たとえ車検が切れていても売却することは可能です。

 

 

 

売却方法も2通りあり、新しく車を購入する際に下取りとして出す、もしくは中古車専門店などで直接売却する方法です。

 

 

車検を切れていても車がちゃんと動くのであれば少額でも売却することが出来る可能性が高いです。ですが、車検が残っている車に比べれば間違いなく金額は安くなってしまうでしょう。車検を通していないということは、販売店などが買い取ったのち、店頭に出すために車検を行う必要があるので、どうしてもその手数料の分で安くなってしまうのです。

 

 

 

ですが、車検を切れているからといっても売却できないということではありません。では、動かなくなったような廃車にするしかないような車はどうでしょうか?こういった車は基本的には買い取ってもらうことが出来ないため、廃車の手続きをする必要があります。

 

 

廃車の手続きは陸運局へ車を持っていって廃車をすることになり、自分で行うことも出来ますが、車検が切れてしまった車を運転して持ち込むことは出来ないので、個人で行うことは結構大変です。そのため、廃車にするのであれば廃車専門の業者に依頼するといいでしょう。

 

 

廃車専門業者に依頼すれば、レッカー等を利用して車を持っていってくれますし、手間な廃車の手続きもすべて代行してくれるので簡単に廃車にすることができるでしょう。また、車の状態によっては、使える部品などはそのまま再利用することも出来ますし、車自体価値のある部分がたくさんあるため、廃車とはいってもお金をもらうことができることもあるんですよ。

 

車検が切れてしまった車は、そのまま放置しておいても故障していくだけですし、その価値は下がっていく一方です。もしも今後乗ることがないのであればなんらかの形で処分するといいでしょう。間違っても車検切れのまま公道を走ることをしないようにしましょうね。

 

 

車検証などを確認して車の車検が残っているのか、切れているのかしっかりと確認しましょうね。

 

 

⇒ 廃車にする前に無料査定