エコカーが流行中ですが・・・本当に車検や部品交換は高いの?

最近環境に良いからと国は低燃費の車などの税金を安くしたり、逆に長期間乗っていた車や燃費の悪いような環境に良くないような車は税金が高くなるなど、国としては低燃費の車を購入させて普及する様に促しています。

 

 

燃費の良い車と言えば、最近では電気自動車はハイブリッドの車が人気となっています。

 

売りはやはり燃費の良さで、リッター20kmなんてのは当たり前で、カタログには30kmを超えるような燃費の良い車が多く、中でも最近発表された新型プリウスはなんとリッター40kmをこえているという、とんでもないほとの燃費の良さとなっています。

 

 

一昔前ではリッター10kmをこえていれば燃費が良いなんて時代もありましたが、いまやそれでは燃費が悪い部類に入ります。

 

 

ガソリン車でもリッター15kmを超えるような車もあり、燃費の良い車の方が人気が高く、売れ行きも右肩上がりだそうです。

 

ですが、電気自動車やハイブリッド車などは燃費の良い車は確かにランニングコストは良いものの、その分ガソリン車に比べると値段もかなり高額となります。数十万円の差があるなんてこともあります。

 

 

燃費が良くてガソリン代が安いとはいっても、車体価格の差額分のもと取ろうと思うと長い期間必要になるでしょう。

 

 

また、たとえ燃費が良い車とは言っても、それは燃費効率が良い乗り方をしなければいけません。カタログに乗っているものは風邪の抵抗がない状態で、かつ一番燃費効率の良い実験場などで走行して出た数字なので、一般道を走っているだけではそんなに燃費が良くなるわけではありません。

 

 

カタログではリッター30kmと言う車でも、実際に走るとリッター18〜20kmなんてことが当たり前です。信号の多い街中で乗っていればガソリン車とたいして変わらない燃費となる事も有るでしょう。

 

 

また、電気自動車やハイブリットは、高性能な分、部品も多くのものを使用しており、それらはガソリン車に比べると高額なのです。

 

 

特に電気自動車・ハイブリッド車どちらにも使用されているものは燃料電池ですが、これらは乾電池と同じく電池ですので、どうしても寿命があります。電池は購入時から使用していく事でどんどん昨日は落ちていきますので、数年で新車の時よりも半分くらいしか充電できなくなるという報告もある位です。

 

 

メーカー側もそれは承知なので、燃料電池の保証期間をを5年もしくは10万kmで設定しているところが多い用です。

 

 

 

とはいえ、15万km以上乗っていてもまったく問題のない車もありますし、数年で電池の減りがかなり早くなってしまったなんてこともあり、車種やその車によっても大きく差がある様です。車の運転の仕方によっても電池などの部品の劣化の仕方も異なるため、しっかりとメンテナンスをしたり、丁寧な運転を心掛ける事で車の寿命は大きく変わる様です。

 

 

もしも故障してしまった場合、修理や部品交換ではガソリン車に比べると高額となってしまう様です。特に燃料電池が劣化して交換となると、数十万円かかってしまうと言われています。かなり普及してきたとはいえ、まだまだ車のシェアはガソリン車の方が圧倒的に多いので、その分部品などの値段も高額なのです。

 

 

 

どんなに燃費が良くても、そのぶん良い部品を使用している事から、修理や部品交換などの金額は高くなってしまうのです。因みに、車検代もハイブリッドや電気自動車が高いと言うイメージがあるみたいですが、それは大きな間違いです。

 

 

 

車検代というのは法定費用に検査や整備の費用が合わさっており、ハイブリッドや電気自動車は重量税で優遇されている為安くなっています。

 

 

ですが、整備や検査代は車体の状態にもよるため、部品の修理や交換が合わさるとガソリン車の方が安い可能性があります。それらが合わさる事で、車検代が出るため、ハイブリッドや電気自動車がガソリン車よりも料金が高いかと言うとそういうわけではないので勘違いしないようにしましょう!