抹消登録にも2種類あります

車の抹消登録には2つの方法があります。

 

1つは車を一時的に使用することを中止する「一時抹消登録」と、車を二度と使用することなく、廃車・解体することになる「永久抹消登録」の2種類があります。

 

どちらの場合も、手続きは普通自動車と軽自動車では異なります。

 

普通自動車は陸運支局で、軽自動車は軽自動車協会で手続きを行う必要があります。手続きの方法は下記のとおりです。

 

一時抹消登録

海外旅行や転勤、入院などで車を長期的に使用することがない場合、一時抹消登録をしておくことで、その期間の間はその車には乗れなくなるものの、自動車税などの税金を支払う必要はありません。再登録することで再び乗ることが可能となります。

 

<手続きに必要な物>
●普通自動車
車検証、ナンバープレート(前後の2枚)、車検証に記載されている車の所有者の印鑑登録証明書(市役所などで発行してもらう必要があります)、代理人が手続きを代行する場合は委任状が必要です。
●軽自動車
車検証、ナンバープレート(前後の2枚)、車検証に記載されている車の所有者の認印、代理人が手続きを代行する場合は委任状が必要です。
<手続きを行う場所>
●普通自動車:陸運支局
●軽自動車:軽自動車協会
<手続きの手順>
●普通自動車
@窓口で「第3号様式の2」という書類を購入し、車検証に記載されている内容を確認しながら、必要な項目を記載していきます。
A2枚のナンバープレートを返納窓口へ提出します。
B「手数料納付書」に必要項目を記載し、一時抹消登録手数料の印紙を添付する。
C用意した書類を、陸運支局の登録窓口に提出し、記載等に問題がなければ「一時抹消登録証明書」が窓口より提出され、一時抹消登録が完了となる。
●軽自動車
@軽自動車協会の窓口で「軽4号様式」という書類を購入し、車検証に記載されている内容を確認しながら、必要な項目を記載していく。

A2枚のナンバープレートを返却する。
B軽自動車税申告書を窓口よりもらい、こちらも車検証を確認しながら項目に記載していく。
C用意した書類を窓口に提出し、記載等に問題がなければ手数料として350円を支払うことで、「自動車検査証返納証明書」が発行され、一時抹消登録が完了となります。

 

永久抹消登録

車を二度と乗ることをせず、解体・廃車にする場合は永久抹消登録の手続きを行います。

 

●普通自動車
@陸運支局の窓口で、「第3号様式の3」という書類を購入し、車検証に記載されている内容を確認しながら必要な項目を記載していく。車の引き取り業者から教えてもらった「解体記録日」と「移動報告番号」を記載する必要があるので、事前に確認しておきましょう。
Aナンバープレート2枚を窓口へ提出する。
B「手数料納付書」に必要な項目を記載する。
C用意した書類を陸運支局の登録窓口に提出し、記載した内容に問題がなければ永久抹消登録が終了となります。
D重量税が還付される場合には、「自動車重量税還付申請書」というものが発行されます。
●軽自動車
@軽自動車協会の窓口で、「第4号様式の3」という書類を購入し、車検証に記載されている内容を確認しながら必要な項目を記載していく。車の引き取り業者から教えてもらった「解体記録日」と「移動報告番号」を記載する必要があるので、事前に確認しておきましょう。
Aナンバープレート2枚を窓口へ提出する。
B軽自動車税申告書をもらい、車検証に記載されている内容を確認しながら、必要な項目を記載していきます。
C用意した書類を陸運支局の登録窓口に提出し、記載した内容に問題がなければ永久抹消登録が終了となります。手数料はなく、発行される書類等も特にありません。
D重量税が還付される場合には、「自動車重量税還付申請書」というものが発行されます。

 

 

 

手続きは上記のとおりになります。自分で行う場合はかなり手間がかかりますので、基本的には車の引き取り業者などに依頼し、代行してもらった方がスムーズに行うことができますよ。