時代は店舗廻りからネット査定へ

車を売却する前、必ず行うのが査定です。車の現在の価値を確認してもらい正確な売却金額を出してもらう必要があります。

 

車は消耗品ですし、車の車種や年式だけではなく、オプションや装備品などによって車の売却額は同じ車種であっても大きく異なります。

 

 

自分の車の価値を専門家にしっかりと見てもらってからでないと車の正確な価値を知ることはできません。

 

 

車の売却方法は大抵は車を購入する時に下取りに出す方法と、車の買取専門店などで買い取ってもらう方法の2つに分かれます。一昔前では、車を売却する時には上述したように専門家に査定してもらう必要があったため、ディーラーや中古車専門店などに車を持ち込んで査定をしてもらっていました。

 

 

ですが、店によっても車の査定額は大きく異なってくるため、自分の納得いく金額が出るまで店を回らなければいけなく、それは非常に手間のかかるものでした。

 

 

散々店を回ったあげく、結局一番最初にいった店が査定額が一番高かったり、思った以上の金額にならなかったなんてこともざらでした。ですが、現在ではインターネットが普及しているため、24時間どこでも車の査定をすることができてしまうのです。

 

 

しかも一度に数社に送ることができるため、店を何社も回る必要がありません。自宅にいながら複数の査定額を知ることができるので、一番高く買い取ってくれる会社をみつけることが可能なのです。

 

 

こんな便利な車のネット査定ですが、その利便性から多くの人が利用していますが、容易に査定が出来るために多くのトラブルもあるそうです。

 

トラブル簡単にまとめました

見積額と買取額が異なる

ネット査定で一番多いのが、見積額と実際の買取額が大きく異なってしまうことです。最初にネットで査定を出した時には高い金額が出て喜んでいたのに、いざ専門家に車を確認してもらった時には査定額からかなり低い金額となってしまうなんてことがよくあります。基本的に車の査定は専門家が実際にその目でみて確認する必要があります。ネット上だけでの査定では、車の年式や走行距離、装備品などによって概算での金額は出るものの、車の車内の状態や、消耗品の劣化具合などは実際に見ないと分からないものです。

 

 

そのため、専門各確認してもらうことで車体のキズやエンジンなどの状態などが悪くなっているなどすると、査定に大きく響くのです。ネット査定はあくまでのその車種のおおよその値段、現在の中古車市場での平均的な買取額程度などと思っておくことが重要です。車の状態によって金額が上下するのは当たり前のことで、半数以上がネット査定よりも下がっているのが現状ですので、ネットで出た査定額をそのまま信じるのは禁物ですよ。

 

 

連絡が増える

ネット査定では、一度に数社に依頼をかけることが出来る非常に便利なツールです。わざわざ店を回る必要はありませんが、複数の業者に依頼するということは、複数の業者と車買取について連絡を取る必要が出てくるということです。どこの店でも自分のところで車を買い取ってほしいと思っているため、営業の連絡を必ずしてくるでしょう。5社に送れば5社から連絡が来ることになります。メールで来るところもあれば、直接電話がかかってくることもあります。向こうも仕事のため、連絡をしてくるのは当然ですが、それがわずらわしく思ってしまうことになりかねませんので、一度に10社に送れるようなサイトもありますが、最初は3社程度にとどめて置くことがよいでしょう。査定を依頼した直後、メールや電話が殺到するなんてことにならないように気をつけましょう。

 

 

悪徳な業者

一度に多くの業者に見積依頼をかけることが出来るということは、反面悪徳業者と繋がる可能性も十分にあります。店に車を持ち込むなら、直接担当の人を目で見て確認できますが、ネットでは相手の顔を知らずに査定額だけで業者を決めてしまう人もいるそうです。もちろん実際に車の確認をしてもらう必要があるので、その時に担当者の顔を見ることになるのですが、その時にはもう遅いかも知れません。一度相手に住所などの個人情報を教えてしまえば、連絡してくるなといっても電話をかけてきたり、最初の見積額をかなり高額にしたのに、実際の査定はものすごく安い金額で提示してくるなんてこともあります。最初から安い金額でかいとるつもりで動いていて、自分のところで出張査定などをさせようとわざと高い金額で提示しているなんて悪徳業者もいるそうです。多くの業者に依頼をかけることは、そういった悪徳商社と繋がる可能性も上がるのだと思っておいた方がいいですよ。

 

⇒ ネット査定してみませんか?