日本の車は実用性が高いんです

「おもてなしの国、日本」「モノづくりの国、日本」「美しい国、日本」「伝統の国、日本」など、日本特有の魅力的要素は沢山あります。

 

なかでも「モノづくりの国」としての日本の評価は高く、made in Japan製品は海外で高評価を得ています。

 

 

その1つが車です。「世界のトヨタ」と言い占めるだけあって、トヨタの車は海外でも人気があります。

 

一昔前はベンツやBMWが高級車として日本でも脚光を浴びましたが、今でも人気はあるものの、トヨタが誇る高級車「レクサス」の登場により、影をひそめつつあります。

 

 

これらの外車に乗っていても以前の様に羨ましがられる事は少なく、世界のセレブ達の間ではハイブリット車であるトヨタのプリウスが愛用車です。

 

 

日本でもプリウスに乗る人は本当に多いです。プリウスだけでなく、海外では日本車が非常に多く出回っています。ここからは海外で人気の日本車種を挙げていきます。

 

海外で人気の車種とその理由

【トヨタ・プリウス】

アメリカをはじめ、ヨーロッパにおいても大人気のプリウス。ガソリンエンジンと電気モーターの双方を利用し、CO2の排出量も少ないトヨタ屈指のハイブリット車になります。海外上陸当初は理解が進まなかったものの、低燃費志向の高まりと共に認知が広がっていきます。そしてセレブ達の間で有名になり、「私、超燃費が悪くても高級な車に乗っています。それだけ稼いでます」アピールから、「私、地球の未来を考え、エコを推進しています」アピールにシフトしていったのです。

 

元々一般人でも十分手に入れる事が出来る車だったので、爆発的に人気となりました。今は定番化しています。最初はちょっとしたエコブームの発端だったのが、今では流行に左右されない車へと世界中から認定されました。

 

 

【トヨタ・ラウンドクルーザー】

トヨタ史上最上級モデルの大型四輪駆動車がラウンドクルーザーです。日本では「ランクル」という呼び名で有名ですね。原型は1951年に作られた「トヨタ・ジープBJ型」であり、元々は警察予備隊に納入する目的で製造された物との事です。それだけ重量もありしっかりとした作りの車なのですね。フレーム構造やサスペンション、エンジンなど、どれもこれも厳しい基準を潜り抜けてきたエリート達です。

 

トヨタ史上最高級SUVであると言えるでしょうし、一部愛用者の中には「ランクルはSUVじゃない、別物だ!」と豪語します。ある砂漠地帯でハマーという超高級車が砂漠にはまり、それをランクルが地引網状態で助け出した映像が出回っています。ハマーは重すぎるので砂漠には向かない。そもそも中東では車の故障は命の危険にも直結するので、絶対的な安定感を求めるのならランクルに軍配が上がるのです。アメリカなどでランクルが売れる理由としては、やはり地球上で最も贅沢な車に乗りたいという欲望でしょう。中古ですら高額で取引されます。

 

 

【トヨタ・ハイエース】

耐久性の高い車を数多く製造しているトヨタですが、中でも耐久性が高いのがハイエースです。万が一故障しても交換パーツが豊富ですし、ガソリンだけでなくディーゼルエンジンの設定もあるのが魅力的です。日本では排ガス規定に準じない昔のディーゼルエンジン搭載ハイエースでも、海外なら関係なく走行可能です。

 

ディーゼルの燃料は軽油ですから、ガソリンよりも遥かに安価です。これも海外で人気の理由であり、ディーゼルエンジンには点火プラグがない事やエンジン自体が頑丈ですので、砂漠地帯でも人気があります。また業務用として使う場合も多いので、需要が高い車となります。

 

 

【スバル・インプレッサ】

富士重工業が展開する自動車のSUBARU(スバル)、日本でもスバルの根強いファンは多く、スバルファンは自らを「スバリスト」と呼ぶらしいです。スバルの伝統ともいえる水平対向4気筒エンジンにより、室内の振動が少なく低重心となります。カーブを曲がる際安定して操縦できることや、発進する際の何とも言えない爽快感など、ちょっと分かりにくいですがマニアックな人にはたまらない感覚なのです。それなのに燃費も悪くないのと、大柄の人が多い外国人がとても喜ぶのが室内の広さです。身長180pの人が乗っても頭部に余裕があり、後部座席も広々しています。

 

フロントガラスが大きく設計されているのも魅力です。見切りが良く運転しやすいので、大柄外国人に大ウケとなっています。アメリカでは品薄状態が続いており、米国向けにサイズを大きくした「レガシイ」や「フォレスター」も同様に人気が高まっています。

 

 

【ホンダ・アコード】

日本車ではHONDAも忘れる訳には行きません。中でもアコードは海外から人気があり、運転のしやすさや悪路に負けない足回り、出足の良さ、最近のセダン車にありがちなスポーツ路線ではない重厚感、そして2015年にアコードハイブリットが発売されたこともあり、定着していた人気がまた上昇しています。セダンは良いけどプリウスの様な外観は好きでないと言う外国人は、このアコードを見て一目惚れする事が多いです。日本のアコードが車上荒らしや盗難に遭うのは、海外でアコードが絶大な人気を誇るから。うかうかしているとあなたの車も盗まれるかもしれませんよ。

 

 

ここで紹介した車種以外でも、海外に人気の日本車は沢山あります。地球上で最も信頼のおける車をコツコツ作り出す日本人。この国と人をリスペクトしている外国人の数はとても多いのです。

 

 

⇒自分の車すぐ査定出来ますよ?!