様々な査定スタイルがある中で何を選択するのがいいのか?

車を売却する際、まずはその車の価値を知るために査定をしてもらうことになります。

 

一昔前ではこういった査定はディーラーや中古車販売店などに実際に行って査定してもらう必要がありました。

 

ですが、最近ではパソコンやスマホを利用して24時間どこでも査定してもらう事が可能となり、しかも一度に数社に査定をしてもらう一括査定サイトというものが普及しています。

 

では、店頭と一括査定ではどちらで依頼すればいいのでしょうか?店頭と一括査定のメリット・デメリットを調べてみました。

 

店頭に行って車査定

メリット

ネットを利用するのと違って実際に店頭に行って人に直接会うため、人の見えないネットに比べると安心です。店頭に車を持っていき、その場で車の状態を確認してもらえるので、正確な査定が出るのに時間が掛かりません。査定額に納得できればその場で契約する事も可能です。査定から契約までの時間がネットに比べるとスムーズですし、最初から最後まで担当の人が直接対応してくれるので、実際に人の顔を見て行えるため安心感がネットとは違います。

 

デメリット

車を店頭に持っていく手間がかかります。車を持っていき、査定額に納得いかなければ別の店に持っていく必要があります。店頭では一度に何社もの見積もりを出すことができません。複数の店に出しにくいことから、高く買い取ってもらえるかどうかが不透明です。実際の中古車市場での価値なのかどうかが分からず、安く売却することになってしまう可能性があります。自分の車を本当に必要としている店を探すまでに時間がかかってしまうかもしれません。

 

人気のネット一括査定

メリット

一度に複数の業者に依頼する事が出来るので、自分の車の価値を簡単に知る事ができます。複数の業者の中から一番高く買い取ってもらえる業者を容易に知ることができます。最初の見積もりはネットですし、その後のやりとりも最初は電話やメールなどで済むため、直接会って交渉したりすることが苦手だったり、査定に納得いかなくても顔を見なくても容易に断る事ができやすいです。

 

デメリット

一度に複数の業者に依頼できる半面、自分の個人情報などを一気に送ることになる為、中にはしつこくメールや電話をかけてくる業者に当たってしまうかもしれません。電話はしないようにと備考に乗せておいても、わざと電話をかけてくるなんてこともあるそうです。一度に査定を出すものの、契約をするのはその中の1社ですので、他の会社をすべて断る必要があります。ネットでの査定はあくまでも概算であり、結局は実際に車の確認をしに来てもらう必要があるため、二度手間になってしまいます。ネットでは高く出ていたものの、いざ査定をしてもらったらネットで出た額よりもかなり低い額になってしまう可能性があります。

 

以上のように店頭・一括査定ともメリットとデメリットがあります。どちらかが必ず高い金額を出してくれると言う保証はありません。

 

 

店頭や一括査定どちらでも自分の車の価値をしっかりと確認しておき、市場価格で売却できるように下調べをしておく必要はあるでしょう。

 

 

⇒ ついでにネット査定してみませんか?