時代は電気自動車やハイブリッドへ変わってきています

車を売却するとき、高く売る条件としては車の走行距離、年式、車体の状態などが重要となってきますが、一番金額が高くなるのはやはりその車種です。

 

車の車種によって売却金額が高くなります。

 

時期によってオープンカーやSUVなどのタイプによっても料金が大きく異なってくるんです。

 

また、最近ではエコカーが主流となってきており、その流れはもちろん中古車市場にも影響しています。

 

では、車の売却の際、燃費の良いハイブリットカーやエコカーなどは高く売却できるのでしょうか?

 

 

最初に結論を言うと、電気自動車・ハイブリットカーは通常のガソリン車に比べると高く売却できる傾向にあります。

 

 

というのも、一昔前はガソリン車が当たり前でしたが、今では新車を購入する人の多くが燃費の良い車を選ぶ傾向があり、特にハイブリットや電気自動車の人気はかなり高くなっています。

 

 

そのため、中古車市場でも電気自動車とハイブリットのような燃費のとても良い車は人気があるため、買取の際に高い金額で売却する事ができるんです。

 

 

電池の寿命の心配はあるものの、それでもエコカーの人気はガソリン車よりも高くなっているんです。電気自動車やガソリン車は新車で購入すると高くなってしまいますが、中古車なら手が届くと思っている人が多いため、中古で購入していく人が増えており、中古車市場での需要はかなり高いんです。

 

 

 

そのため逆を言えば、燃費の悪いガソリン車は買い取り金額が低くなる傾向にあります。

 

 

買い取る業者からしても、売れない燃費の悪い車よりも、売れる可能性のある車を高くでも買い取った方が得をすることになるんです。

 

 

車は在庫を抱えると維持費がかかってしまうため、中古車販売店でもはやく売れる車の方がいいにきまっていますよね。

 

 

ですが、エコカーでも年式が古くなっているものは高く買い取ってもらえない事もあるので注意が必要です。

 

 

 

エコカーも年々進化していっているため、年式が古い程燃費性能が悪い傾向にあります。購入する人からすれば、中古車で購入する以上は少しでも新しくて燃費の良い車を購入したいと思うものです。電気自動車やハイブリットカーは燃料電池を利用しているため、これらの寿命がきてしまえば当然交換が必要となってきます。

 

 

交換する費用がかなり高いため、あまり古いエコカーは人気が低く買い取り金額も低くなる傾向にあります。

 

 

ですが、年式の古いガソリン車よりは高く買い取ってもらえるでしょう。それだけ今はエコカーが売れる時代なのです。

 

 

車の車種によって買い取り金額は大きく変わりますが、電気自動車やハイブリットなどのエコカーは高く売れる傾向にあると言っても過言ではありません。

 

 

⇒ 無料査定で愛車の料金を調べませんか?