めんどくさがらず廃車にした方がいいですよ

長く乗っていないからと放置していたら動かなくなってしまったり、事故などで大破してしまって動かなくなってしまった車を処分することなく放置しているようなことはありませんか?

 

 

故障して動かなくなったり、大破しているような車は修理するのにもお金がかかりますし、廃車にするのにも手間がかかるからとそのまま放置しているという人は結構いるみたいです。

 

 

ですが、そのまま放置しておくと違法放置としてなんらなかの処罰になってしまったりと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれませんので注意しましょう。

 

 

まず、違法放置とは、正式には放置駐車違反といい、2006年の道路交通法で改定されて定められたものです。

 

 

駐車違反とは異なりますので注意が必要です。放置駐車とは週社禁止区域などで違法駐車と認められる場合において、運転手が車から離れた状態であってかつすぐに車を運転することができない状態にあるものをいいます。

 

 

 

道路交通法改定前では駐車違反をしている場合においても、すぐに運転手がもどって車を運転して移動することができれば切符を切られることがない、いわゆる猶予期間がもうけられていました。

 

 

 

ですが、道路交通法改定後は、車が止まっている時間や、運転手が車から離れていた距離、エンジンが止まっているかそうではないか、ハザードランプがついているかいないかなどにかかわらず、駐車が禁止となっているところで止めていただけで罰則が科せられてしまうことになってしまうのです。

 

 

動かせない車であればそれは論外です。動かなくなった車を車や人の通りが少ないからと道路に停めているなんてこともあるようですが、それは間違いなく放置駐車となってしまします。

 

 

 

今まで誰にも指摘されなかったからいいなんてことではありません。また、道路ではなくて他人の土地に放置しているなんてこともありますが、それは間違いなく違法です。止めている土地の所有者によっては民事裁判をかけられてしまうなんてことにもなりかねません。

 

 

 

道路であれば警察から取り締まりを受けて罰金と点数を下げられるだけですみますが、私有地となると警察の管轄外ですので民事扱いとなり、相手によっては裁判沙汰にされてしまうなんてことにもなりかねません。放置している期間が長くて捨てたと認められてしまって不法投棄扱いになってしまっても大変ですよね。

 

 

 

車には様々な部品が使用されており、中にはエアコンなどに使用されるフロンなどは環境にとって悪影響ですし、車を長く放置しておくことは避けておいた方がよいでしょう。

 

 

違法に放置しておくことはやめて、廃車にして処分することが確実です。

 

 

廃車の手続きは自分で行うことは手間がかかって大変ですが、廃車専門の業者に頼めば手数料を支払うことであとは全て処理してくれますよ。

 

 

ずっと車を放置して変なトラブルに巻き込まれる前に、廃車にしておくことをおススメします。

 

 

下取り前に30秒で結果が分かる無料査定しませんか?