『車売るならカーセンサー』というお馴染みのフレーズ

リクルートが運営する車買取一括査定サイトが「カーセンサーネット」です。

 

 

リクルートといえば、人材派遣を始め様々なWEBサービスを手掛けています。知らない人はいない“リクルート”そしてCMで耳にした事がある“カーセンサー”、やはりWEB上のサービスを利用する際は、なるべく歴史がある大手の方が安心出来るのは間違いありません。

 

 

そう言う意味では、多数ある車一括買取査定の中で頭一つ抜き出ていると思います。

 

 

 

カーセンサーネットの公式サイトを見てみると分かるのですが、最初に入力する項目が「事故歴」等も含めて他の同サービスより多い印象です。カーセンサーネットと肩を並べる他の比較サイトでは、約数十秒〜1分で入力完了と説明しています。

 

 

しかしカーセンサーネットはおよそ3分の表記です。案外面倒なんじゃないかと腰が重くなりそうですが、あまりにも淡泊すぎる入力だと、その後買取業者から連絡が入ってからが大変です。複数業者に同じ事をいちいち説明しなければいけない、こちらの方が確実に面倒です。

 

 

カーセンサーネットの場合は、最初に細かい入力を済ませます。従って最初の連絡の時点で大まかな見積額が分かっていたり、細かな査定額が分かります。

 

 

特に「たった32秒の簡単入力!」なんて謳っているサイトなどは、誰が入力しても32秒なのか、その細かな秒配分はどうなのか疑問です。

 

 

別にレースしている訳ではないのですから、35秒切れば良いというものではありません(笑)

 

それよりも、最初に確実な情報をしっかり入力してもらう事を重要視しているサイトを利用した方が後々楽です。

 

 

最大で30社の無料見積もりが可能であり、メールのみでの査定にも対応してくれます。この手の見積もりサイト利用を躊躇する理由の1つに、入力後のしつこい査定業者からのオファーが挙げられます。カーセンサーネットなら、積もり依頼後にしつこくセールスの電話が来て頭を悩ます事もありません。これで安心して査定依頼できますね。廃車買取サービスも行っていますので、全国の廃車引き取り店舗を簡単検索出来ます。廃車にするような何十万キロ乗り潰した車でも買取可能、事故者でも買取可能です。

 

 

参加している査定業者ですが、ラビット、アップル、ガリバー、カーセブン、カーリンク、ハナテン、カーマックス、キング、カースマイルなどなどです。大手だけでなく地元の査定業者も参加していますので、地元で一番高く買い取る業者を知ることができます。

 

 

そしてカーセンサーネットの特徴である検索方法の多さ。これはかなり評判が良く、車買取店の店名五十音順検索、店名でダイレクト検索、エリア別検索、メーカー別検索、車種検索という様に、様々な検索方法に対応しています。自分達の検索し易い方法で買取業者を見つける事が出来るので有難いです。

 

 

公式サイトでは、困ったときの自動車QA、マメ知識、査定額UPのお手軽テクニック、車検実録リポートなどの情報が満載です。車を売る前に一度目を通しておくと、ちょっとしたことで売却査定額がUPする可能性もあります。他の比較サイトと比べても見やすく分かりやすいので、見ているだけで面白いです。これを読むだけで車検通になったりして?大手ならではの安定感とお客様重視のカーセンサーネット、お時間がある時に是非目を通してみて下さい。

 

 

⇒ 無料査定で愛車の料金を調べませんか?