リサイクル法は平成17年から始まりました

1年間における日本の廃車の台数はなんと350万台以上にものぼります。車に使用されている鉄やアルミやレアメタルなどの金属類はリサイクルされる価値があり、車のやく8割がリサイクルに使用され、残りの2割はシュレッダーダストという車を解体したのち粉砕した後にできるゴミとして、ほとんどが埋め立て処分となっています。ですが、日本の国土は狭いため、徐々に埋め立てをする土地が少なくなったことで埋め立て処分にかかる費用が高くなり、不法投棄が増えてきてしまいました。不法時されることにより、エアコンなどに利用されているフロンなど、環境破壊の原因となるものが適切に処理されなくなってしまうことになります。そこで平成17年から「自動車リサイクル法」が制定させました。

 

この法律では大きく下記の3つを定めています。

 

@自動車メーカーや自動車の輸出業者など、車を取り扱う会社に対しては、車の解体したのちに出るシュレッダーダストやエアバック、フロンなどをリサイクルすることを義務としている。
Aリサイクルする時にかかる費用はリサイクル料として、その車の持ち主が負担しなければならない。
Bそのリサイクル料は自動車リサイクル促進センターの資金管理法人が、車が廃車になるまで管理し、廃車のリサイクル実施状況の管理は自動車リサイクル促進センターの情報管理センターが行うことになっている。

 

 

自動車リサイクル法の対象となる車は、普通自動車はもちろん、バスやトラックなどの大型車や、フォークリフトやロードローラーなどの特殊自動車、工場内などで移動や運搬手段として使用される車でナンバープレートのない構内車も含まれ、ほぼすべての車が対象となっています。

 

ちなみに自動車リサイクル法の対象とならない車は、トレーラーの後ろで荷物を積んで運ぶためのいわゆる被牽引車、原動機付自転車(原付)などの二輪車、農業機械、スノーモービル、公道を走ることのないレース用の自動車、高所作業車、無人運送車などがあります。
廃車後に車から取り出された部品で、再利用することができるリサイクル部品は、「グリーン購入法」の対象品目として決められています。ちなみに「グリーン購入法」とは、政府が取り扱う物品に関し、環境に優しいものを選び、それらを優先的に選ぶように定めた法律です。

 

 

車の部品のほとんどがリサイクル部品でまかなうことが可能です。その部品とは、エンジン・オルタネーター・コンプレッサー・ドア・フロントフェンダー・トランスミッション・バンパー・エンジンなど多岐にわたっています。これらを適切に処理し、不法投棄されることなく環境を守り、限られた資源をしっかりと再利用することができるように定められたのが「自動車リサイクル法」となります。